産後ダイエット お腹痩せは食事から

こんにちは、ジョンストン 麻依です。

産後の体系で一番大きな変化があるお腹。

赤ちゃんが生まれても、なかなか小さくならないお腹に、焦りを感じる方も多いのではないでしょうか?

ダイエット食事

産後直後は、骨盤も不安定で、腹筋運動などのキツイ運動は、体に負担がかかります。そもそも、腹筋運動をしても、なかなかお腹は小さくなりません。

産後のお腹は、やっぱり食事が決め手!

授乳中の方は、今までに感じたことがないくらいの空腹感を感じます。それもそのはず。母乳は血液から出来ているのですから、母乳をあげればお母さんはお腹が空いて当然ですよね。

 

でも注意はここです。

空腹を我慢するのは、母乳の出を悪くしてしまいます。痩せたくても、空腹を我慢するべきではありません。その代りに、

● しっかり食べる

● 食事の質を変えて、無駄を省く

● 賢く食事をする

 

この3つを徹底すれば、お腹はす~っと小さく薄くなっていきます。

 

私自身も、食事を意識して変えたら、体系はがらりと変わりました。満腹よりも満足感を目指して、食事を調節してみてくださいね!

 

産後の食事制限は痩せにくい体を作る

さまざまなダイエット法が次々に作られ、
バナナ、グレープフルーツ、プロティン、卵ダイエットなど
食事制限をするものがほとんどですよね!

産後は忙しいから手軽なダイエットを選びがちです。
産後にダイエットシェイクを飲む人もいるかもしれません。

確かに手軽なダイエットは魅力的ですが、授乳中のお母さんに必要な栄養は十分ではなく、それどころか母乳はお母さんの血液から作られるので、お母さんの体がスカスカになってしまうのです!

栄養が足りないお母さんの体は、ますます
脂肪を燃やしにくい体になってしまうわけです。

ということは、いくらカロリー制限をして体重が落ちても、
食事を戻せばすぐに元通り。

しかもそんな食事を続けるのはすごく精神的に困難なのです。

私も10代後半のころ、手軽なダイエットシェイクを利用しましたが、
いくら満腹と書いてあっても、満腹なのはほんの少しの間だけでした。

 

1日中食事のことばかり考えたり、
イライラも増え、結局ダイエットシェイクを飲む以外の時間に
カロリーを摂りすぎてしまいます。

すぐに痩せたい気持ちはわかります。
でも焦らず、痩せるための栄養のある食事を目指しましょう!