産後のストレスとの付き合い方

momandbaby

赤ちゃんの寝顔や笑顔見てると、本当に幸せな気持ちになりますよね。

でも、育児や家事ので毎日終われ、お母さんの精神状態は限界まで行くのも確かです。

私が一人目を生んだのは20代の半ば。周りの友達にはまだ赤ちゃんもいなかったので、育児の悩みを相談することもできませんでした。

しかもその当時は、PCもなく、携帯もスマートフォンの時代ではなかったので、一人で悩む毎日でした。ひどいストレスで欝っぽくもなりました。

二人目が産まれてからはそのようなストレスも半減したので、具体的に何が良かったのかあげてみたいと思います。

point1子供がいる人と話す、相談する

ご主人や子育ての経験がない人にいろいろ話しても、わかってもらえないことはたくさんあると思います。同じ悩みをもつ友人や、ネットで仲間を探して相談してみましょう。きっと気持ちがラクになりますよ。

point2ストレスを食べ物で発散しない

誰しもストレスを感じることはあると思います。でも、ストレスを食事で発散してしまうと、体重の増加だけでなく、ストレスを感じるたびに食べることが習慣となってしまいます。

食べ過ぎたり、ダイエットしたりでは気持ちも不安定になってしまうので、他のストレスの発散法を探しましょう。

point3自分だけの時間を作る

家族のことで精一杯。本当に自分のことは後回しになってしまうかもしれません。

でももし、ストレスが限界に達したら、家族との調和保つことすらできなくなってしまいます。

そんな状況になるないように、もしストレスを感じたら、ふとお茶を飲むなどして一息しましょう。

好きな音楽を聴いたり、よい香りを嗅いだりして、育児や家事だけに気持ちが集中しないようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>